医療業界で働こう

医療業界は有資格者のみが働けるフィールドです。その中で、潜在有資格者が多い看護師や薬剤師のニーズが高まっています。とりわけ、医療業界における薬剤師のニーズは引く手あまたの状態です。麻酔科に所属する薬剤師などは今後ニーズが急増するフィールドです。

フリーランスと固定の病院勤務の違い

複数の医療機関に出入りすることができる

麻酔科は手術があるときだけニーズがある仕事です。そのためフリーランスとして複数の医療機関をまたにかけることで収入につなげることができます。高収入が期待できますし、勤務時間も手術が多くならない限り数時間程度ですので、働きやすいメリットがあります。

病院勤務医は医師のスキルを発揮

麻酔科医が病院に固定勤務することもあります。手術がない日は麻酔科外来で診療し神経ブロック注射などの施術を行うこともあるようです。常勤医として在籍することで、固定給で勤務することができます。フリーランスよりも収入は少ないかもしれませんが、安定した仕事があります。

転職専門サイトを活用

麻酔科医や薬剤師としての地位を確立したい、もっと活躍できるフィールドを探したいという場合、転職サイトを利用することが一般的です。経験や勤務年数を考慮して、あなたの能力を十分に発揮できる医療機関を紹介してもらえるメリットがあります。場合によっては医局長や、管理薬剤師など高いポストでの転職が叶います。

医療業界で人気の職種ランキング

手術
no.1

広いフィールドで働ける薬剤師

調剤薬局・病院薬剤師・販売・研究者など様々なフィールドで活躍できるのが薬剤師です。一時期養成課程の変更で薬剤師の空白時代がありました。それもこの数年間で解消されつつありますが、薬剤師の資格を求める現場は企業などにも及ぶようになったため、これからもニーズはうなぎのぼりになるといえます。

no.2

看護師・准看護師

働き方の多様性やライフ・ワークバランスが重視されるようになった今、看護師の有資格者の確保が急務となりました。日勤だけの勤務や夜勤専従看護師など生活との両立が目指せる勤務形態を提供する医療機関も増えているので、働きやすさは向上しているといえます。

no.3

麻酔科医・病理医

医療業界の中でも人材不足とされているのが麻酔科医や病理医です。いずれの医師も病院にはなくてはならない存在。外来勤務ということは少ないため、どちらかというと縁の下の力持ちといった業務内容ですが、細やかさなどが求められる仕事です。フリーランスとしても活躍できます。

薬剤師や麻酔科医のフィールドを広げる【転職サイトの魅力】

薬剤師と患者

転職支援サービスや専用サイトを駆使する

転職支援サービスと呼ばれるものや転職サイトを利用することで、国家資格を保有するあなた自身の価値を何倍にも高めることができます。転職支援サービスは、複数の契約が吉。支援サービスの企業ごとに得意な分野が異なるからです。医療機関は大小含め多岐にわたります。開業医の下で働きたいか、総合病院や大学病院で働く医療従事者になりたいかなど将来の自分を考えながらより良い転職先を考えていきましょう。

広告募集中